泥まみれから生まれる作品

はいさい!

沖縄は梅雨明けで毎日暑い日が続いているようです。

先日、沖縄に行った時期がちょうど窯出しが終わってひと段落着いた頃伺ったので
敏幸さんの工房が土づくりのところでした!

   

山盛りの土を手作業でこの形にひとつひとつ練りながら作り上げていきます。

梅雨明けの沖縄、エアコンなしの場所で汗だくになりながらこねていました。 

       

泥まみれになりながら一生懸命仕事に取り組んでいる陶工のみなさん、本当に頭が下がります。

   

島ぞうりも、この通り!泥だらけ!
これが、基本です!!

お忙しい中
敏幸さんがろくろを回すところを見せてくださいました。

    

土を押し込むようにして、その勢いで上に持ってきます。

この時結構な力をいれているそうで足も使っているそうです。

この時はぐいのみを作ってくれたのですが、

     

さすがというか、見事にみるみるうちに成形されていきます。

  

途中『とんぼ』というもので
大きさを測っていました。

一つ作るのにわずか1分程度。

本当に

ひとつひとつ

手作り。

丁寧に分かりやすく説明してくださいました。

貴重なお時間をいただき、本当にありがたかったです。

さて、香奈子さんの工房を訪ねると・・・

   

新しく看板が出来上がっていました!!

 

香奈子さんの工房でも

  

ろくろをまわしていました。

    

窯出しが終わってもこうしてすぐにまたお仕事で一息ゆっくりする時間もなくみなさん働いていました。

沖縄の暑さの中、こうして本当に汗水流して作品たちが生まれるのですね。

楽しみです!

次回は須美子さんの工房でのお話をUPします!

 

← 古い記事 新しい記事 →