毎日の食卓に『手仕事』のぬくもりを・・・

テンペルの陶器の1番の素晴らしさは
何より、手作りであたたかみがあること。

毎日の食卓に陶器のぬくもりを感じてみては??

ちょっとした時間がとても優雅なものになることと思います。

何度も足を運んでくださっている、S様より
またまた素敵な1枚を送っていただきましたのでご紹介致します。

 

『お皿と猪口、さっそく島豆腐を手に入れてチャンプルーと タコライス(どちらももどきですが)で泡盛をおいしく いただきました。

窯の中で一番上で焼かれたというお皿は、ぱくっと口の 開いた大きな2匹の魚たちがとてもゆったりとした 気分にさせてくれます。
イッチンのお皿も、想像通り白の模様が薄めで焼き締め らしく和食が合います。
きりっとしているけれど、花模様 がふわっとして不思議な感じで気に入っています。』
とS様。

実は男性の方なのですが、このお料理のクオリティ!!すごいですね!
奥さまがうらやましいですね!

ご来店後、すぐにこの素晴らしい写真を送ってくださいました。
そして嬉しいことに、このお魚のお皿は毎日使ってくださっているということでした。
口がパクっと開いたお魚をお見せできなくて残念ですが、須美子さんの作品の中でも
ときどきしかいないレアものです。

こんな素敵なお宅に行けて作品達も幸せですね。

ありがとうございました。
さて、
芦花まつりのときに掘り出しものをGETしてくださったT様。

 

琉球ガラスのブルーの綺麗なお皿です。


贅沢で優雅なティータイムの様子が伝わってきますねSmile

お気に召していただいたようで、ありがとうございました☆

 

 

← 古い記事 新しい記事 →